葉酸サプリ

ベビ待ち女性の葉酸サプリ

ベビ待ち女性は葉酸サプリの活用がおすすめ

ベビ待ち女性は葉酸サプリの活用がおすすめなんです。
2000年に厚生労働省から妊婦さんの葉酸の必要性が提示されました。でも多くの女性たちは葉酸がしっかり摂取できていない状態なんです。しかも、葉酸は妊婦さんだけでなくベビ待ちの妊活中女性、更年期障害の女性など多くの女性に必要な栄養素なんです。

 

ですが、食品から中々、摂れないというやっかいな栄養素となるので、必要な栄養素なのに多くの女性は葉酸が足りていないのです。

 

もし今すぐベビーが欲しい==只今妊活中==なんて言っているならしっかり葉酸は摂取していつ妊娠してもいいように準備しておきましょう。
特にベビ待ち女性の不妊治療にも愛飲している人が増えてきています。

 

ちなみに・・・
葉酸は取り過ぎてもダメだし、一度にまとめて摂取して蓄えることも出来ないので、食事で摂りきれない分は毎日コツコツとサプリでしっかり補って、いつベビーが出来ても慌てないように体調を整えておく必要があります。

 

厚生労働省も推進

赤ちゃんの体が最も成長する妊娠初期(妊娠12週まで)に必要不可欠な栄養素だという点から、妊娠を計画している女性に対し、1日当たり0.4mg(400μg)以上の葉酸の摂取を推奨しています。2002年以降の母子手帳にも葉酸に関する記述がしっかり記載されています。

 

葉酸サプリを選ぶときのポイント

  • 厚生労働省推進の400μgの葉酸が摂取できるのか
  • 香料・合成着色料・保存料・甘味料などが無添加なのか
  • 妊娠時の必須ビタミン・ミネラルも同時に摂取できるのか
  • 栄養素の過剰摂取にならないか
  • 放射能チェックを行っているのか

ベビ待ち女性に必要なのは葉酸サプリだけじゃない

現代人は栄養素が足りてないと言われています。
その理由の一つに、野菜の栄養価の問題です。実際に食べている野菜は、一昔前と比較すると栄養価の低い野菜が多いと言います。同じ畑で何十年も作り続けるわけですから当然のことです。
ですから、+αでサプリメントを活用することで健康に暮らせている人も多いのです。

ベビ待ちで妊活中の夫婦だとかなり栄養バランスのよい食事をしていると思います。
しっかり食べている=しっかり摂れているではないのです。

 

もちろん、ベビ待ち夫婦なら食事の充実も必要でしょうが、サプリなどで必要な栄養素をしっかり補給していつ妊娠してもいいように健康なカラダにしておきましょう。

 

 

厚生労働省の推奨量

ビタミンB12

葉酸と共に赤血球を作るために働く大切な成分

  • 推奨量 2.4μg 
  • 妊娠中+0.4μg

ビタミン6

妊婦さんがビタミンB6不足になると悪阻の悪化・妊娠中毒症の可能性が高くなる

  • 推奨量1.1r
  • 妊娠中+0.8mg

鉄分

妊娠中は赤ちゃんの発育のために多くの鉄分が必要となり妊婦さんの3〜4割が貧血になるといいます

  • 推奨量 6.0〜6.5mg
  • 妊娠初期+2.5mg
  • 妊娠中期+15.0mg

カルシウム

妊娠中のカルシウムは赤ちゃんの骨を作るためにも使われます

  • 推奨量650mg
  • 妊娠中 650mg

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンとなり体外に排出されず蓄積されます。
妊娠中に多く摂りすぎることで赤ちゃんの奇形に繋がる可能性があります。
植物由来のβカロチンは水溶性なので排出されます。

  • 推奨量670μgRE
  • 過剰摂取3000μgRE

 

生活習慣を正す

妊活には必要な栄養素も大事ですが生活習慣を正すことも必要です。
特に、タバコ・飲酒・カフェイン・薬など日常的に摂取している飲食物には注したいですね。妊活していてもしばらくは妊娠した自覚がありませんので、万全を期すことも必要です。

 

妊娠中のタバコとお酒は、百害あって一利なしと言われるように胎児への悪影響が大きいです。
万が一ですが、もしも赤ちゃんに体調不良が起きたとき「私のタバコやお酒のせい?」と育児中にずっと思い悩む結果となってしまいますので、備えあれば憂いなし、妊娠を考えたらまずは見直したい生活習慣の一つですね。出産先進国のオーストラリアなどでは、2008年より「妊婦禁酒令」が出ているほど妊婦の飲酒は良くないとされています。

 

そしてもう一つ気を付けたいのが、「受動喫煙」です。
本人が吸わなくても周りが吸っている煙を吸ってしまうと自分が吸った以上に影響があると言われています。

ベビ待ち女性にオススメの3つの葉酸サプリ

美的ヌーボ

日本人の大好きなDHA&EPAを配合

ビタミン、ミネラル不足で不調が続いていては妊娠も期待できません。ベビ待ちなら普段から妊娠に備えて不調は改善しておきたいですよね。妊娠準備に必要な葉酸も、ミネラルもビタミンも摂れることでベビ待ち女性にも人気のサプリです。

 

美的ヌーボの特徴

 

  • 女性に必要な栄養素がしっかり摂れる
  • 全て自然由来の無添加サプリなので安心して飲める
  • 一回分ずつの小袋になっていて衛生的で飲みやすい加工も施してある
  • 男性用などシリーズ商品が豊富
  • お試しセットがあるから気軽に試せる

美的ヌーボの詳細

KODAKARA─コダカラ─

不妊治療の専門家が開発したサプリ

コダカラはどこにもまけない3つのこだわりを詰め込んだサプリです。妊活に必要な多くの栄養を配合することでオールインワン妊活サポートサプリメントとなっています。不妊専門化が多くの意見や現場の立場から開発したので、様々な面からのサポートが期待できるサプリです。

 

KODAKARAの特徴

 

  • 不妊治療の専門家が開発したサプリなので不妊治療中の夫婦に人気
  • 葉酸以外にも妊娠をサポートする成分がぎっしり詰まったサプリ
  • 女性のカラダの悩みを解決してくれるから妊娠中も安心
  • サプリに配合された成分がしっかり体に吸収されるようになっている
  • ベビ待ち女性以外でも栄養補給におすすめなサプリ

kodakaraの詳細

ベルタ葉酸サプリ

ママに大人気のたまごクラブにも紹介される人気ぶり!

ベルタ葉酸サプリに配合されているビタミンやミネラルで、乱れがちな体の不調や栄養不足を改善していきます。その他にも、日々のストレスで不足してしまう栄養素も補うことができます。妊娠前の女性の体もしっかりケアすることで妊娠しやすい身体への変化も期待できます。

 

 

ベルタ葉酸サプリの特徴

 

  • たくさんの栄養素や野菜成分が一度にとれる
  • 粒が小さくてつわりの時でも飲みやすい
  • 妊娠中でも綺麗でいられるよう高品質の美容成分を配合
  • 栄養機能食品として認可済み

ベルタ葉酸サプリの詳細

ベビ待ちから妊婦になったら葉酸サプリの活用は必須

ベビ待ち期間が長くなると妊婦さんになった時に戸惑います。実は私もベビ待ち期間が5年もありましたので、急に妊婦になった時はオロオロしていました。ですが、急にお腹の赤ちゃんが大きくなるわけでもありませんので、ベビ待ち期間中に蓄えた栄養素で足りています。
ですが、お腹の赤ちゃんが育つ段階で必要な栄養素があるので、知っておくと良いでしょう。

 

補給したい栄養素

最近は妊活という言葉が定着をして、妊娠しやすい体作りとして食べ物や飲み物にも気を使っている人もいますが、必ずしも妊娠するわけではなく、食事や生活習慣を気を付けることによって妊娠しやすい体質へと改善するだけなので、そこは間違わないでほしいことですね。ただ普段から気を付けることによって、妊娠したことを気づく前に体内にいる赤ちゃんに栄養を上げることができますので、妊活時期に摂取して欲しい栄養素を予め知っておきましょう。この時期に摂取して欲しい成分として、まず挙げられるのはズバリ葉酸です。葉酸はビタミンB郡の一種であり、緑黄色野菜やレバーなどに含まれています。体内に摂取しますと、他の栄養素を円滑に働かせることができるガソリンのような役割をしますが、不足しますと血色が悪くなったり食欲不振や口内炎ができたなど体の機能が低下し、酷い貧血症状に陥ることもあります。また葉酸は妊娠初期にも摂取することを望まれて過剰な摂取は控えて欲しいつつも、普段の食事で補うには難しい場合でも複数のメーカーにてサプリメントも販売していますし、男女問わず1日の摂取する目安がありますので、妊活時期から葉酸を摂取しても大丈夫です。

妊娠初期に必要な成分

妊娠初期は体調にもとくに変化がなく、妊娠しているといってもピンときていない人もいますが、お腹の中には赤ちゃんが生きており母親が摂取した栄養素を吸収して大きくなりますので、普段食べる食事にも味付けや食材にも気を付けて欲しいところです。そういうことから妊娠初期は葉酸の成分が必要とされていて、血液中の赤血球を合成やアミノ酸の合成またはたんぱく質の促進作用や皮膚や口内粘膜の働きを強くするなど、体内で他のビタミン群と一緒に働きながらも円滑に進めるように促していますので、体を作る上では必要な栄養です。この時期は普段食べている食事の栄養を赤ちゃんと分けていますので、場合によっては成分が不足していることもあります。葉酸の場合もお腹にいる赤ちゃんの体作りにも必要な栄養分であり、不足しますと神経障害も起こってしまう可能性がでてきます。少し前は医師や助産師により葉酸の摂取を推奨していましたが、1日の目安以上に過剰に摂取をするのはよくないとされていることから、目安の数字くらいが望ましいとされています。ただ不足しているなと感じますと赤ちゃんにとってもよくないので、普段の食事では不十分だと感じましたら市販のサプリも一緒に摂取して下さい。

妊娠後期に補いたい成分

妊娠後期に入りますとお腹が大きくなってきますので、お腹の赤ちゃんがすくすくと大きくなっている証拠でもありますが、お腹が大きくなっている分だけ動きにくくなってきますので、料理をするのも大変になってきます。ただ妊娠後期に入ってきますと出産まであと少しの状態になりながらも、この時期は濃い味付けの料理は高血圧の予防や妊娠糖尿病の予防にもなりますので、甘いものの摂取は控えて薄い味付けにしながらも栄養のある食事の摂取が望ましいですね。妊娠初期から葉酸の摂取は必要とされていますが、後期に入っても赤ちゃんの成長はしていますので引き続き目安ぐらいの分量の摂取はして欲しいですし、他の栄養分も満遍なく摂取することがベストです。体質によってつわりが治まり、お腹の中の赤ちゃんの分まで多く食べてしまったりすることがありますが、体重の増加は健康管理としてあまりよくはなく、理想は妊娠前の体重プラス7〜8キロまでとされております。しかし逆に減ってしまったり、体重の増加が少ないとお腹の中の赤ちゃんの成長にも影響が出てくることにもなりますので、妊娠したからといって太らないようにしようと考えないで子供の成長を第一に考えましょう。