葉酸サプリ おすすめ

葉酸欠乏症とは?

最近、テレビでも注目されることが多くなっているものとして「葉酸欠乏症」があります。
この葉酸欠乏症になる原因として考えられるものに「摂取量の少なさ」「体組織としての吸収障害」「妊娠期」「透析による副作用」といったものが代表的なものとして知られています。

 

この葉酸欠乏症になると、症状として、下痢やうつ、貧血、舌炎等が現われることが大きな特徴であり、妊娠中の葉酸欠乏症は子供の成長を阻害すること大きな問題として語られています。

 

葉酸欠乏症の改善という意味では、基本的に体組織に異常があるタイプの人でなければ、一日に400マイクログラム〜500マイクログラムの摂取をこころがけることで改善させることができるといわれています。上記に記載した「体組織としての吸収障害」であると診断された場合には、1000マイクログラムの摂取ということが指導されることがあります。また「妊娠期」の場合には400マイクログラム〜500マイクログラムではなく『600マイクログラム〜700マイクログラム』が適切な容量として判断されています。

 

関連記事

葉酸不足の危険

最近、特に女性についてですが葉酸不足の危険というものが取りざたされることも多くなっていて、気になっているという人も多いと思います。この葉酸不足の危険とは、主に「葉酸欠乏症」のことを指しており、貧血や、消化器系の疾患、そして免疫機能の低下、胎児の発育不良及び脳障害といったことが報告されており、特に胎児に関する問題について注目されることが多いです。

 

葉酸の摂取量としては通常2000μgが一日の摂取量として把握されていますが、妊娠期間中の女性については倍の4000μgの摂取が必要だといわれていて、これをおこたることで胎児の発育に影響を与え、危険性が高まるということが大きな問題としてとらえられているということです。ただし、これは、基本的にキチンと摂取していれば回避できることであり、最近ではサプリメントとして手軽に摂取することもできるようになっています。

 

また、男女問わず危険となる葉酸不足によるリスクとしては「心臓病」や「ガン」といったものが報告されており、こちらにも注意が必要といえるでしょう。葉酸というとビタミンの一種であり、それほど重要視していなかったという人も多いでしょうから、上記の点のような危険性があるということは知っておいてください。

 

関連記事