妊婦 葉酸

妊婦に葉酸が必要な理由

妊娠したことのある方なら、葉酸という栄養素の名前ぐらいは聞いたことがあると思いますし、また、病院から葉酸を良く摂るようにと指導があると思います。
これは、葉酸が細胞尾増殖をするための遺伝子を作る時に必要な栄養素だからであり、妊娠したいと思っている方は特に葉酸を体内に取り入れておくことが良いと言われています。私の場合は、妊娠してからこの栄養素を知ったので、もちろん妊娠前には葉酸を意識して取っていたわけではありません。
しかしながら、妊娠が分かった後は赤ちゃんに体の栄養素が取られてしまうため、積極的に葉酸を摂るようにしましょう。

 

ですが摂り過ぎには注意も要ります。
一時期は、葉酸は水溶性のビタミンなので、必要ない分は体外に排出されますから、多く摂りすぎても大丈夫だと言われていましたが、多く摂り過ぎる事による副作用もありますので、一日の摂取量1mg(1000μg)は超えないようにする必要があります。とし
何にせよ、お腹の中の子供に絶対必要となってくるものなので、意識して摂取することが大切なのがこの葉酸です。

葉酸の過剰摂取に注意

葉酸というと妊娠期間中を含めて葉酸欠乏症というものがクローズアップされることも多いのでできるだけ摂るようにしておけば問題ないと感じている人も多いと思います。
しかし、それは大きな間違いであり、サプリメント等で摂取しているという人は葉酸の過剰摂取に注意する必要があります。葉酸欠乏症と同様に葉酸の過剰摂取は非常に危険だといわれていて、一日1mgを超える葉酸の摂取は非常に危険だといわれています。

 

葉酸過剰症になってしまった場合には、いわゆるアレルギー症状が出る可能性が高く、じんましんや赤斑、かゆみ等に加えて呼吸器障害といった症状が起こるということが報告されています。また、葉酸の過剰摂取は薬の効き目を弱くする作用があるということもいわれていて、この点にも注意が必要です。

 

最近は葉酸をいかにたくさん摂取するかということが注目されがちですが、一日1mgを超える摂取というものに関しては注意喚起がなされていますのでぜひ知っておいてください。妊娠中の女性になると、必要摂取量が2倍になることから無茶な摂取になりがちですから、キチンと摂取量を管理するということをこころがけてください。

 

関連記事